ウエディングのお仕事

ウエディングの仕事を学ぶための

専門学校・スクール

シェフパティシエ専門学校

  • 学べる職種

    パティシエ
  • 所在地

    新潟県新潟市中央区笹口2-9-1
  • 初年度学費

    30万円以下

特徴

学科・コース

シェフパティシエ専門学校では、下記の学科・コースが用意されています。

製菓製パン技術科

1年次は、洋菓子・和菓子・パンの知識と技術を学び、2年次では、製菓か製パンのどちらかを個々で選び、さらに高度な専門的な知識・技術を学ぶことが出来ます。

就業期間
2年
教育課程
昼間部
定員
40名
男女
男女
初年度学費
万円
取得できる資格・認定
製菓衛生師
洋菓子製造技能士2級(受験資格)
パン製造技能士2級(受験資格)
和菓子製造技能士2級(受験資格)
専門士
ラッピング3級

入学方法

シェフパティシエ専門学校への入学には、一般入試推薦入試AO入試社会人入試、があります。

入試方法

  • 一般入試
  • 推薦入試
  • AO入試
  • 特待生入試
  • 社会人入試

入試タイプの解説

一般入試

願書出願は11月頃から。専願・併願どちらでも受験可能です。書類審査、面接試験による入試試験が一般的ですが、レポート(論文・作文)の提出や筆記試験、技能試験もおこなう専門学校もあります。

推薦入試

願書出願は10月頃から。専願が一般的です。推薦入試は、校長の推薦状がり、出願条件をクリアしていれば受験できる「公募制推薦」と、専門学校がしている学校のみが推薦受験できる「指定校推薦」があります。推薦入試であれば、専門学校はほぼ合格できます。

AO入試

願書出願は6月~9月頃まで。専願が一般的です。オープンキャンパスへの参加などの条件がありますが、学校の推薦も必要なく、入学金の一部免除や、入試の試験科目の免除などのメリットがあります。
人気校はAO入試の枠がすぐに埋まってしまうため、早めに専門学校選びを始めるのがポイントです。

社会人入試

願書出願は10月頃から。小論文や筆記試験、面接試験による入試試験が一般的です。専門実践教育訓練給付制度の対象となっている専門学校に入学すると学費の40%~60%が給付金として戻ってきます。

※入試制度は学校により異なります。詳細は専門学校のホームページでご確認ください。

学費・奨学・支援制度

初年度学費

製菓製パン技術科
2年
昼間部
万円

奨学・免除・支援制度

その他支援
日本学生支援機構
新潟県奨学金制度
国の教育ローン

見学・オープンキャンパス

シェフパティシエ専門学校では見学・相談会またはオープンキャンパスを開催しています。。

シェフパティシエ専門学校

  • 学べる職種

    調理師
  • 所在地

    新潟県新潟市中央区笹口2-9-1
  • 初年度学費

    50万円~100万円
  • ここを注目

    調理師養成施設 /

特徴

西洋料理、日本料理、中国料理、製菓の基礎から応用までを学び500種類以上の調理実習をおこないます。

調理師から製菓衛生師まで幅広い知識と資格の取得を目指すことができます。

学科・コース

シェフパティシエ専門学校では、下記の学科・コースが用意されています。

調理製菓技術科 調理コース

豊富な実習時間で実践を重視したカリキュラムにより、500種類以上の世界の料理をマスターすることができます。

就業期間
2年
教育課程
昼間部
定員
40名
男女
男女
初年度学費
110万円
取得できる資格・認定
調理師免許
専門調理師・調理技能士
食育インストラクター
調理師養成施設助手
食品技術管理専門士
専門士

調理製菓技術科 製菓コース

1年目は、調理コースと同じように、調理技術を中心に学び、2年目からは、製菓実習を中心に学ぶことで料理とスイーツの二つを同時に学ぶことができます。

就業期間
2年
教育課程
昼間部
定員
40名
男女
男女
初年度学費
110万円
取得できる資格・認定
調理師免許
専門調理師・調理技能士
食育インストラクター
調理師養成施設助手
食品技術管理専門士
専門士
ラッピング3級

調理本科

最短の1年間で和洋中の基礎知識、技術を学ぶことで卒業してから即戦力になることを目指します。

就業期間
1年
教育課程
昼間部
定員
40名
男女
男女
初年度学費
114万円
取得できる資格・認定
調理師免許
専門調理師・調理技能士
食育インストラクター

入学方法

シェフパティシエ専門学校への入学には、一般入試推薦入試AO入試社会人入試、があります。

入試方法

  • 一般入試
  • 推薦入試
  • AO入試
  • 特待生入試
  • 社会人入試

入試タイプの解説

一般入試

願書出願は11月頃から。専願・併願どちらでも受験可能です。書類審査、面接試験による入試試験が一般的ですが、レポート(論文・作文)の提出や筆記試験、技能試験もおこなう専門学校もあります。

推薦入試

願書出願は10月頃から。専願が一般的です。推薦入試は、校長の推薦状がり、出願条件をクリアしていれば受験できる「公募制推薦」と、専門学校がしている学校のみが推薦受験できる「指定校推薦」があります。推薦入試であれば、専門学校はほぼ合格できます。

AO入試

願書出願は6月~9月頃まで。専願が一般的です。オープンキャンパスへの参加などの条件がありますが、学校の推薦も必要なく、入学金の一部免除や、入試の試験科目の免除などのメリットがあります。
人気校はAO入試の枠がすぐに埋まってしまうため、早めに専門学校選びを始めるのがポイントです。

社会人入試

願書出願は10月頃から。小論文や筆記試験、面接試験による入試試験が一般的です。専門実践教育訓練給付制度の対象となっている専門学校に入学すると学費の40%~60%が給付金として戻ってきます。

※入試制度は学校により異なります。詳細は専門学校のホームページでご確認ください。

学費・奨学・支援制度

初年度学費

調理製菓技術科 調理コース
2年
昼間部
110万円
調理製菓技術科 製菓コース
2年
昼間部
110万円
調理本科
1年
昼間部
114万円

見学・オープンキャンパス

ウエディングの仕事が学べるスクール検索

学校を選ぶポイント

職種をえらぶ

場所をえらぶ

学校をえらぶ


学費をえらぶ

フリーワード