ウエディングのお仕事

ウエディングのお仕事

ウエディングプランナー

ウエディングプランナーの仕事を徹底解説!

新郎新婦の一生に一度の晴れの舞台となる結婚式を、魅力的な結婚式に企画(プランニング)することがウエディングプランナーの仕事です。

ウエディングプランナーの仕事は大変な仕事ですが、新郎新婦の新しい門出に寄り添うことができ、ご両親や大勢のゲストを幸せにできる素晴らしい仕事です。

ステキな仕事ですが、結婚式はやり直しができないため決して失敗するこが許されない、とても責任感が求められる仕事です。

大きな責任感とプレッシャーがある仕事ですが、結婚式が終わった後の達成感、新郎新婦やご両親からの感謝は、他の仕事では体験できない感動があり、やりがいも大きな仕事です

新郎新婦が結婚式を挙げるまで、ウエディングプランナーはどのような仕事をしているのでしょうか?
ウエディングプランナーの仕事を詳しく紹介していきます。

結婚式の企画はプランナー業務のほんの一部です

ウエディングプランナーは結婚式を企画するだけではありません。

新しい顧客を獲得する営業や、新郎新婦との打ち合わせ、結婚式の各スタッフとの打ち合わせ、司会や引出物の手配など、プランナーの業務は多岐にわたります。

ウエディングプランナーは、お客様の希望を叶えるために結婚式の演出を企画し、同時に成約をとる営業職でもあるのです。

 

ウエディングプランナーの仕事を大きく分けると営業、企画、サポートの3つになります。

ウエディングプランナーの営業とは

ウエディングプランナーとして重要な仕事が営業です。顧客に営業して成約できなければ、その後の結婚式のプランニングもありません。

職場では、成約数をアップするための営業テクニックを教わったり、研修がおこなわれます。また、他社の営業方法を研究して、自社の営業方法に取り入れる事や、対抗する営業トークを考えたりします。

顧客への営業は、ウエディングプランナーとして活躍するための第一歩と言えるでしょう。

ウエディングプランナーの営業ノルマ

ほとんどのホテル、結婚式場には挙式数の年間目標数(月間目標数)やノルマがあります
単純に結婚式の組数であったり、挙式単価であったり、職場によってさまざまです。

ノルマと言っても達成できなかったら怒られると言ったことは、ほとんどありませんのでご安心ください。
「プランナー全員で月間の目標達成を目指そう!」といった前向きな職場の方が多いです。

もちろんプランナー個人の営業成績はありますが、時にはチームワークでクロージング(成約)まで持っていくこともあります。月間の目標営業数を達成した時は、社員全員で喜び合えてチームも結束していきます。

会社によって、個人の営業成績が給料になる歩合制インセンティブ制度を導入しているところもあります。あなたの営業努力が評価されて給料に反映されます。

営業ノルマの辛いところ

ウエディングプランナーは月間成約数をひとつの目標にはしていますが、それほどプレッシャーには感じていません。

営業ノルマに敏感で、プレッシャーや辛さを感じているのはリーダーやマネージャーなどの管理職になります。

月間成約ノルマの達成に向けてウエディングプランナーにプレッシャーをかけて成約数を伸ばすのか?
それともブライダルフェアやウエディングプランなどを企画して成約数を伸ばすのかは、管理職であるリーダーや、経営者の営業方針次第です。

あなたがもし、リーダーやマネージャーを目指すなら、成約数や収益にも敏感になる必要があります。
リーダーや、マネージャーは苦労も大きいですが、月収100万円をもらっている方も少なくありません。

ウエディングプランナーの営業の相手は、顧客だけではありません

ウエディングプランナーの営業は、挙式前のカップルだけではありません。

結婚式場を探しているカップルを紹介してくれるブライダルカウンターや、提携先のホテル、関連企業など、職場の外にも営業へ行くことも多々あります。

特に、ブライダルカウンターの存在はとても重要で、ブライダルカウンターに気に入られると優先的にカップルを紹介してくれます。もちろん、新郎新婦やゲストから喜ばれるサービスを提供していることが、カップルを優先的に紹介してもらえる条件となります。

ウエディングプランナーにとって営業はとても大切な業務であり、新卒ウエディングプランナーの1年目は営業が壁となるでしょう。

ウエディングプランナーの企画とは

ウエディングプランナーが立案する企画には大きく分けて2つあります。

1つは新郎新婦の結婚式の企画です。
もう1つはブライダルフェアやプランなどのサービスの企画です。

1.結婚式の企画

ウエディングプランナーとしてのやりがいと、重大な責任感を味わえるのが結婚式のプランニングです。

新郎新婦と「どのような結婚式をするか?」を1ヶ月~半年以上に渡って打ち合わせを重ね、新郎新婦の希望を叶えるオリジナリティに溢れた結婚式を作り上げていきます。

新郎新婦の多くは、初めての結婚式となります。
結婚式や披露宴でどのようなことをするのか?自分達はどんな結婚式を挙げたいのか?ほとんどの新郎新婦は分かっていません。

逆にウエディングプランナーは新郎新婦について、ほとんど分かっていません。

いかに新郎新婦と打ち解け合って、結婚式に対する思いや希望、両親や友人についてなど、どれだけ多くの情報を聞き出せるかが接客のテクニックであり、結婚式のプランニングにも大きく影響します。

「接客業が好きの人」「人と話すことが好きな人」がウエディングプランナーに向いていると言われる理由の1つです。

ウエディングプランナーが主に企画するのは披露宴です

結婚式は、神前式やキリスト教式であれば進行が決まっており、新郎新婦のオリジナリティを盛り込む機会はほとんどありません。

人前式は自由なスタイルで行えますが、毎回全く違う挙式が行われるわけでは無く、ほとんどが一般的な人前式のスタイルでおこなわれます。

結婚式後のフラワーシャワーやブーケトスといった定番の演出を、バルーンシャワーやブーケプルズといった違う演出に変更することはありますが、ウエディングプランナーが主に企画するのは披露宴の内容になります。

披露宴のプランニングとは?

披露宴では、ケーキ入刀や、両親への手紙、ゲストとの余興など、いろいろなイベントがおこなわれます。
これらのイベントをひとつひとつ新郎新婦の個性や希望に合わせて提案しながら決めていくのです。

例えば、ケーキ入刀のイベントひとつにしても

  • どのようなウエディングケーキにするのか?
  • BGMはどの曲にするのか?
  • 照明を使った演出はどうするのか?
  • ケーキ入刀後にファーストバイトやケーキサーブは行うのか?

などを予算と時間も考慮しながら決めていきます

披露宴の企画と並行して、新郎新婦の衣装や、メイク・ヘアメイク、婚礼料理なども決めていきます。

打ち合わせするのは新郎新婦だけではありません。ご両親の衣装を決めたり、ゲストからの余興の相談や打ち合わせをおこなうこともあります。

結婚式・披露宴には「決めること」「手配すること」が無数にあって大変です。手配が1つでも間違うとクレームとなります。

そこでウエディングプランナーの味方となってくれるのが専門スタッフです。

ウエディングプランナーを助けてくれる専門スタッフ

披露宴のイベントや余興のアイデア全てをウエディングプランナーが考えて、手配するわけではありません。

新婦から「お色直しはカラフルなウエディングドレス」とリクエストされればドレススタッフに相談します。
新郎から「派手な入場をしたい」とリクエストされれば、音響や演出スタッフに相談して提案します。

つまり、ウエディングプランナーは新郎新婦の個性や希望を正確に読み取って、それを専門スタッフにわかりやすく伝える新郎新婦と専門スタッフとを「橋渡しする」割を担っています

新郎新婦と最も密接に関わっているウエディングプランナーだからできる役割です。

新郎新婦の希望を引き出す「接客力」と、それを専門スタッフに伝える「コミュニケーション力」が必要となります。

専門スタッフの多くは、提携先の会社から派遣されているスタッフです。

例えば、ホテルや婚礼施設に設備されているドレスサロンに常駐しているスタッフは、ドレスショップから派遣されているスタッフです。
同じようにメイクサロンにいるスタッフは、美容室から派遣されたスタッフです。

専門スタッフは、派遣先であるホテル、結婚式場のサービスや客層などを熟知した上でサービスを提供する必要があるため、専門スタッフがコロコロと変わることはありません。職場の同僚社員と同じように長い付き合いになります。

経験豊富な専門スタッフが、ウエディングプランナー1年目でも素晴らしい結婚式がプランニングできるようにサポートしてくれます。

一生の一度の晴れの舞台となる結婚式は誰もが最幸の一日にしたいと考えています。新郎新婦から無茶なリクエストがあるかもしれません。

しかし、新郎新婦の「人生の門出の演出」を任された以上、その願いを叶えるのがウエディングプランナーの使命感、やりがいでもあります。

2.サービスの企画

新郎新婦の結婚式の企画のほかに、勤務している婚礼施設の集客や、サービスを良くするための企画があります。

集客するためのブライダルフェアのアイデアや、ウエディングプランの企画を担当することがあります。

また、社内会議ではウエディングドレスや、写真、フラワーなどのアイテムについての新しいサービスや、披露宴会場のコーディネートなどが議題に上げられ、企画の提案を求められることもあります。

社内会議での提案や、集客や顧客満足度を高めるために、ウエディングプランナーは競合他社のサービスをチェックしたり、海外の結婚式、世の中のトレンドを日々チェックして知識や情報を蓄えています

新郎新婦のサポート

新郎新婦は、結婚式のために準備や用意することが数多くありますが、共働きや、花嫁がおめでた婚の場合は、結婚式の準備に十分な時間をかけることができません。

また、新郎新婦のふたりでは決められないことや、家族と話し合って決めることも数多くあります。

仕事のこと、家族・親族との問題。
体調やメンタル(マリッジブルー)の問題など、結婚式の準備を進めていく上で、クリアにしていくことも多くあり、心身ともに疲れていく新郎新婦は多くいます。

結婚式の準備で疲れた新郎新婦に寄り添って、時には相談に乗り、時には励ましてあげるのもウエディングプランナーの大切な役割です。

ウエディングプランナーの仕事についてのまとめ

ウエディングプランナーの仕事で、重要なところをご紹介しましたが、仕事のイメージはできたでしょうか?

ウエディングプランナーの仕事は営業・接客が大切です。
さらに、結婚式・披露宴の企画や、準備のための手配や発注といったデスクワークも非常に多くあります。

新規顧客への営業や、披露宴の企画、挙式当日のサービスなど、全てひとりで行なうわけではありません。同僚のウエディングプランナーや、専門スタッフと協力して働くことで、非常に充実した楽しい仕事になります。

ウエディングプランナー資格・試験

近日、試験の資格・認定

資格試験のお申し込みはお早めに!