ウエディングのお仕事

ウエディングのお仕事

ウエディングプランナー

企業が求めるウエディングプランナー

ホテル、婚礼施設、プロデュース会社など、企業はどのような人材を求めているのでしょうか?
数社の採用担当者に伺うと、いくつかのポイントがありました。

経験者、未経験者を重視して採用する

ウエディングプランナーを採用する企業によって「当社は経験者しか採用しません」「当社は素質のある未経験者を優先的に採用しています」と、選考基準が大きく2つに別れます。

未経験者を採用する企業

ウエディングプランナーは実務経験が重視される職業ですが、あえて未経験者を積極的に採用をする企業も少なくありません。

婚礼施設によって結婚式のサービス、営業方法はさまざまです。
その為、前職の営業方法や考えを引きずっている人より、未経験でもまっ白で素直な人を採用して、自社のウエディングプランナーとして活躍できるように教育することを目的としています。
しっかりとした研修制度が整っているからこそできる採用方針です。

ただし、ウエディングプランナーが未経験である場合、営業、接客、サービス業の経験大卒、語学力など、一定の条件や資質が求められます。

また「素直な人」というキーワードを良く伺います。先輩プランナーからの指導を素直に聞いて、業務の飲み込みが早い方が求めらています。

経験者を採用する企業

ウエディングプランナーの経験者、または専門学校を卒業してウエディングプランナーの知識がある人材を採用するケースです。

即戦力となる人材を高く評価しており、前職の職場が有名なホテル・婚礼施設であれば優遇されることもあります。

年齢や家庭環境に問題がなければ、比較的スムーズに転職できます。

学歴や資格は評価される?

近年、ブライダル業界でも大卒を優先的に採用するケースが増えてきています。

大学で学んだ知識やスキルを高く評価しており、ウエディングプランナーとして活躍できなくても、大学時代の知識やスキルが活かせる部署へ配置転換されて活躍する人は多くいます。
大企業ほど、こうした配置転換による人材の有効活用が行われています。

ブライダル業界では新卒の離職率がやや高い傾向にあり、離職理由の多くが企業や職種とのミスマッチです。職種とのミスマッチであれば配置転換によって活躍できる事も可能です。

ウエディングプランナーの資格は就職に有利?

ウエディングプランナーの資格は全て民間資格で、資格を必要とする職業ではないため、資格はあまり高く評価はされません。

ただし、大学在学中にウエディングプランナーの資格取得は就職では有利になるケースもあります。つまりブライダル業界への熱意や資格取得までのプロセスなどが評価されるわけです。

ウエディングプランナーの資格を認定している協会が、アメリカ、イギリスが母体となっている資格もあります。海外でウエディングプランナーを目指している方には評価される資格もあります。

ウエディングプランナーになるには資格が必要? オススメの資格

ウエディングプランナー資格・試験

近日、試験の資格・認定

資格試験のお申し込みはお早めに!