ウエディングのお仕事

ウエディングの仕事に役立つ

ウエディングプランナー用語

三三九度

三三九度(さんさんくど)は「三献の儀」とも呼ばれる神前式、仏前式でおこなわれる儀式のひとつです。

大・中・小の盃が用意され、新郎と新婦が神酒を飲み交わします。

  1. 小の盃
    新郎→新婦→新郎
  2. 中の盃
    新婦→新郎→新婦
  3. 大の盃
    新郎→新婦→新郎

合計9回おこなわれるので「三三九度」と言います。
飲み方は、1口、2口は神酒に口を付ける程度で3口目で飲み干します。

用語メニュー

もっと知りたい プランナーのこと