ウエディングのお仕事

調理スタッフの

資格・スキルアップ

フードコーディネーター

民間資格
  • 受験料

    11,000円(会員 6,000円)~
  • 試験日程

    年1回

資格の特徴

サクッと解説
就職・転職で役立つ資格です
2級までは比較的簡単に取得できます
1級の取得は難しくなります

フードコーディネーターになるために、必ず必要となる資格はありませんが、民間の資格を取得しておくと、仕事をする時に有利になることもあります。

「NPO法人日本フードコーディネーター協会」が、フードコーディネーターの資格認定試験制度を実施しています。日本では、唯一のフードコーディネーター資格で、1級~3級まであります。

フードコーディネーター協会が「認定校」と指定する調理専門学校や短期大学などもあります。この認定校で履修した方に対しては、資格認定試験を免除し、認定登録すると3級認定資格が得られます

フードコーディネーター認定校

資格の級・レベル

フードコーディネーターには下記の級・レベルがあります。

フードコーディネーター1級

費用
1次 12,000円 2次 16,000円
受験条件

フードコーディネーター2級資格認定登録者(取得分野に限る)

試験内容

書類審査 面接試験

フード業界でプロとして働き始めることができるレベルで、仕事の規模や質に合わせてチームを作り、各分野のスペシャリストに的確な指示をだしながら、成功に導く能力が求められます。

試験月
1次試験:書類審査 年1回9月 2次試験:面接試験年1回2月
合格率
1次試験:45%  2次試験:40%

フードコーディネーター2級

費用
1次 11,000円(会員 6,000円)2次 14,000円
受験条件

1次試験

フードコーディネーター3級資格認定登録者
1次試験合格者は次年度以降は免除されます。

2次試験

2級1次試験合格者および他分野合格者

試験内容

1次試験:マークシート方式 2次試験:記述式

1次試験(マークシート方式)

受験科目:5科目
設問数:各科目50問(※1科目あたり40分)

  • 「レストランプロデュース」 (40分)
  • 「商品開発」、「生産・流通・消費」(80分)
  • 「ホスピタリティ&ライフサポート」、「イベント・メディア」 (80分)

2次試験(記述式)

受験分野:「レストランプロデュース」「商品開発」「イベント・メディア」の3分野より、1次試験願書提出時に受験する科目を選択します。

※テキスト(「2級フードコーディネーター教本(三恵社)」)を基本に出題されます。

試験月
1次試験 年1回6月 2次試験年1回 8月
合格率
1次試験:82%  2次試験:42%

フードコーディネーター3級

費用
11,000円(会員 6,000円)
受験条件

中学校卒業以上

試験内容

筆記試験(マークシート方式)

試験は全てマークシート方式で行われます。

試験科目
「文化」「科学」「デザイン・アート」「経済・経営」科目。

※「デザイン・アート」「経済・経営」の2科目、「文化」「科学」の2科目をそれぞれ同時に配布し、80分通しで実施されます。

設問数:各科目50問前後

2科目受験について

調理師・栄養士・管理栄養士・製菓衛生師の免許保持者は、免許証のコピーを願書と一緒に提出すれば、「デザイン・アート」、「経済・経営」の2科目受験になります。(「文化」・「科学」は免除になります)

協会ホームページにテキストが推奨されています。

試験月
年1回 10月
合格率
75%前後

受験場所

筆記試験の会場

試験会場は、東京・名古屋・大阪・福岡の4ヶ所

実技試験

試験会場は、東京・名古屋・大阪・福岡の4ヶ所

資格のお問い合せ

資格の試験日、試験会場などは下記ホームページの情報をご覧いただくか、下記までお問い合せください。

NPO法人日本フードコーディネーター協会
電話番号
03-5805-1981
WEB
ホームページ

資格取得のポイント

職種をえらぶ

資格タイプをえらぶ

受験月をえらぶ

フリーワード